京三ビジョン

京三ビジョン

一会の蕾を永遠の絆へ 代表取締役 蒔田 良夫

真心をこめて運び続けて50余年。

その半世紀を越える道のりを振り返るとき、まず幸運であったと実感するのは、1200年の歴史に培われた京都に企業基盤をもったことです。このことによって、私たちはビジネスと呼ぶよりも、もっと深みのある商いの根幹に触れ、貴重な教えの数々を身をもって知ることができました。

数百年の時の輪を刻む老舗の仕事を数多くてがけさせていただくことによって、知り得たこととは、縁による出会いをなによりも大切なものとし、その一会の蕾を心から育み、永遠の絆へと実らせてゆく。

つねに熱い思いを秘めて商売に励み、どこまでも信用を第一とする。

私たちが今日あるのも、折に触れて、さりげなく、あるいは無言の内に示していただいたことを、見よう見まねながらも、持ち続けることができたからだと考えています。また、老舗の高価な品々、稀少の逸品を扱わせていただくことによって、私たちの仕事の基本となる「商品への接し方」をも学ぶことができたように感じます。

幸いにも、これまで無事故を続けてこられたのも、そのためだと確信しています。

あらゆる業界がシステマチックな仕組みで動き、ビジネスが巨大化し複合化するなかで、いたしかたのない流れではありますが、私たちはどこまでも「顔の見える対応」、「温もりが感じられる仕事」に徹し、これからも次代にむかって、真心をこめて運び続けていきたいと思います。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

ページTOPへ